いつもの笑顔でにっこりパチリ。写真のはせの七五三



Top Manu

イベントキャンペーン
期間限定! キャンペーンのお得情報はこちらからチェック☆ 

撮影メニュー
お宮参りからベビーフォト、七五三ウエディング、還暦のお祝いまで写真のことならなんでもご相談ください

商品・料金案内
決めたカットだけとるきめ撮りコースや仕上げ方自在の多ポーズコース自分だけの仕上げ方ができます

しあわせメッセージ
撮影していただいたお客様のよろこびの声がいっぱいです☆


サイトマップ


わからないことがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。


フリーダイアル
0120-28-4332
059-228-4333

E-mail
studio@hasestudio.com




キャンペーン内容は昨年のものです



フォトスタジオならではの自然な表情、いつもの笑顔☆



*お電話でのご予約・お問い合わせは*
フリーダイアル

0120-28-4332
059-228-4333



*メールでのご予約・お問合せは*
E-mail
studio@hasestudio.com


(ご希望のお日にちとお時間をお知らせください)

おすまし顔もステキ
ガーデンスタジオで自然な笑顔


 
  セイコマツダやジャパンスタイルなど
撮影後お出かけいただける
大人気のブランド衣装をたくさん用意してございます  

当館で写真撮影の後、着物を着たままお出かけいただけます。
着物の返却は、当日のPM6:00までとなります


<取扱いブランド一例>
SEIKO MATSUDA JAPAN STYLE 乙葉 九重 ポンポネット メゾピアノ
ひさかたろまん 花夢二 式部浪漫 ヒロミチナカノ 夢工房 ほか

たっぷり選べる七五三の衣装
 今年もたくさんの新作衣装が入荷しています。
古典柄から、最新の衣装まで、きっとお子様にぴったりの衣装が見つかります。

お電話一本で、お下見も常時していただけます。
お気軽にお問合せください。


 乙葉訪問着
 お父さん、お母さんの衣装もございます。
 
 お子様の晴れ着姿に合わせたお父様、お母様の和装のお衣装もご用意しております。

 せっかくの機会ですので、ご家族で着物を着てみてはいかがでしょうか?


随時、お下見を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。


*写真 乙葉訪問着



<七五三写真のよくある質問>

Q 衣装の下見や見学はできますか? 
はい大丈夫です。 お気軽にお越しください。
ご来店時はお待たせがあるといけませんので一度ご連絡ください。
空いているお時間をお知らせさせていただきます。

Q 衣装の持ち込みはできますか?
もちろんご自分でお持ちのお衣裳もお使いいただけます。
事前に肩あげ、腰あげなどの下準備が必要となりますので、お気軽にご相談ください。

Q 自分で着付けたいのですが
お客様に当店の着付け室を使っていただくことができますので、ご相談ください。
撮影のご予約の際その旨をお伝えください。

 
Q 衣装を着たまま神社にお参りや、親戚まわりはできますか?
おでかけプランをご利用いただきましたら大丈夫です。
夏ごろに行う早期ご予約をしていただくとよりおトクにおでかけしていただけます。
(内容につきましては変更がある場合がありますのでご確認ください)

Q 七五三は数え年でした方がいいのですか? 
七五三は本来数え年で行いますが、現在では数え年が一般的ではないため、それにこだわらず、満年齢で行われることも多いようです。

(満年齢は誕生日が来るごとに年齢を重ねていきますが、かぞえ年というのは、生まれた年を1歳として考え、それ以後は正月が来るたびに1歳ずつ増やしていく年齢のことを言います。そのため、実際の年齢と少し変わってきたりもします。)

Q 千歳飴などは持って行った方がいいですか?
もちろんお持ちいただいた千歳飴でも撮影いただけます。
また写真のはせでは撮影用の千歳飴をいろんな種類ご用意してありますので、お選びいただいて撮影していただくこともできます。

(「千歳飴」は紅白の長い棒飴で「長く伸びる」という縁起にあやかり“寿”や“鶴亀”が描かれた化粧袋に入っています。そして、子供の成長を祈る縁起物として「七五三」の日には、親戚や近所に配られる風習がありました。 千歳飴も節分の豆と同じく年の数だけ袋に入れると良いとされています。)

Q そもそも七五三とはなんですか?
むかし生まれた子は、すぐには村の一員としては認められず、人名帳や氏子に登録するのは3歳から7歳の間に行われ、やっと村の子ども組に参加できるようになり、村の中で権利と義務が生じるようになりました。

 やがて武家社会になってくると、3歳で『髪置き(かみおき)』というそれまで剃っていた髪の毛を長く伸ばして唐子まげを結う男女の儀式を行い、5歳で『袴着(はかまぎ)』といって5歳になった子がはじめて袴を履く儀式を行い、7歳で『帯解(おびとき)』という帯の代わりの付け紐を取り、初めて帯を結ぶ女の子の祝いの儀式が行われ始めました。

 これらの7歳5歳3歳で行われる一連の行事をひとまとめにしたものが七五三(しちごさん)といわれています。

Q 七五三のお祝いはいつごろするのが良いのですか?
11月15日が、いわゆる七五三の本日と言われています。
これは江戸徳川幕府、五代将軍「綱吉」が徳松と呼ばれた幼少の頃、この日に祝儀を行ったことから、この日を式日とするようになりました。
現在ではこの本日にこだわらず、その前後の都合のよい日に合わせて行う事が多くなっているようです。 

Q 神社のお参りはどのようにしたら良いのですか?
神社での正式なお参りの仕方ですが、まず神社の入口にある「手水舎(てみずや)」で手を清め、口をすすいでから社殿に進み、おさい銭をあげて鈴をならします。
そして、2回礼をし、2回手を打ち、手を合わせてしっかりとお願い事をしてください。そして1礼をします。

2礼2拍手1礼というカタチで覚えるといいかもしれません。



写真のはせのフェイスブックページ
期間限定のイベントやお得な情報がチェックできます!




*お電話でのご予約・お問い合わせは*
フリーダイアル

0120-28-4332
059-228-4333



*メールでのご予約・お問合せは*
E-mail
studio@hasestudio.com


(ご希望のお日にちとお時間をお知らせください)


--------------------
スタジオ&ガーデンメニュー
七五三  成人式  お宮参り  家族写真  ウエディング  卒業・入学  十歳のお祝い  十三参り
マタニティ  ベビー・キッズ  証明写真
 プロフィール カジュアルフォト



HOME